ブログトップ

hironoc 部活動日記

hironocws.exblog.jp

針の事いろいろ

f0327104_21434254.jpg

どこで購入できますか~?とよくご質問いただく針の事いろいろです。
タイで揃うものから日本でしかないもの(タイで見つけられていないのかもしれないですが・・・)まで
色々あるのでさくっと!

使い心地に個人差があるので
参考がてら読んで頂けると幸いです。

まず針にはいろいろ種類がありまして
お店でよく見かけるのは
刺繍針(フランス刺繍用・クロスステッチ用)
手縫い針(メリケン針・和裁の針)などなどの他
キルティング用のものからパッチワークのもの
ビーズ針や革針などなどいろいろあります。

この針の種類について書いていると
ながーくなってしまうので割愛してwsで使用しているものだけさくっと書いていきます!

針の種類についてはクローバーさんの針一覧表が見てパッとわかりやすいかと思います。
http://www.clover.co.jp/hari/itiran.shtml


まず数字順にざっくりと

刺 ①クローバーの刺繍針 (日本で購入)
繍 ②広島針 (タイで購入) 
の ③本家みすや針 (日本・京都からお取り寄せ)
針 ④タイで見つけた刺繍針 (台湾産だったかな?)

手 ⑤タイの手縫い針
縫 ⑥双鳩 針メリケン針 クローバー (日本で購入)

⑦その他に写真にはないのですがビーズ針(日本で購入)

wsにお出しししているのは

刺繍針は ① ④
手縫い針は ⑤ ⑥
ビーズ針 ⑦

針にはそれぞれ号数がありまして
そのwsに合った針の号数でご用意しています。
これも何にどの太さの針を使うとよいというのも書くと長くなってしまうので
先ほどのクローバーさんのサイトが分かりやすいかと思います。

縫えればいいよ~!と思う方もいらっしゃるかと思いますが
号数が違うと布に大きな穴が開いてしまったり、糸が穴に通らなかったり
作品の仕上がりも変わってくるのでできたら気を付けてもらった方がより美しく作品もスムーズに作れるかと思います!

wsでの刺繍針は基本、日本のクローバーさんのものを使用しています。
④も太い糸で刺繍する際は時々使うのですが
やはり日本のものの方が鋭いので刺繍しやすく針自体も曲がりにくく錆も出ないので
今のところwsにはこれがベストかな・・・。と。

また手縫い針は日本の手縫い針よりもタイの針の方が糸を通す穴が大きく初心者さんには通しやすく
タイの針の方が先が鋭くない分刺さっても比較的痛くないので基本タイの針を使用しています。
ですが細かいところなどの時は日本のメリケン針を使用しています。

刺繍針はそのほかに
タイでも手に入る広島針
日本でも手芸店にはないのでお取り寄せになってしまうのですがみすや針
などがあり
個人的な感想だと
クローバー < 広島針 < みすや針
の順で刺し心地はみすや針が1番鋭くよいのですが
(その分刺さると痛いです!)
タイの気候的に針に錆がでてしまったりするで
タイで使うにはクローバーの針が私が使った中では1番気候にあっていそうな気がします。

刺繍針も号数が糸の本数によって異なり
wsでお出ししている針も(フランス刺繍針)
3~10号の中でwsの内容にあったものをお出ししています。

日本で手芸屋さんに行くと針コーナーにはたいていクローバーさんのこの針があるのですが
①★印のように数種類の針の太さがセットになっているものがあるので
それがあるといろんな本数の刺繍に対応できるで1つ購入しておくと何かと便利かと思います!
親切にパッケージに何本取りに適しています。という記載もあります◎

タイで見つけた④の号数はよくわからないので
これは使っているものと見比べてどうかなーと。購入するような感じに・・・。

何度もwsに通ってくださっている方の中で慣れてきたのでもっと鋭いもので縫いたい!
という場合はタイでも広島針は8本で200B位で手に入るのでぜひお試しください。

また日本にご帰国の方や1時帰国の際にお取り寄せの機会がある方は
みすや針もいいかもしれないです!

クローバー
http://www.clover.co.jp/index.html

広島針
http://www.tulip-japan.co.jp/

みすや針
http://www.misuyabari.jp/

以上が個人的な感想だったのですが
同じ号数の刺繍針でもこのようにメーカーさんによって違うので
色々試して使ってご自分に合ったものを探すのが1番かと思います:)
f0327104_21435317.jpg


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

wsとともに時々材料や資料探しの旅のことも更新中です。
よかったら覗いてみてください:)
 instagram
 facebook
[PR]
by hironoc-w | 2016-02-10 00:00 | 難易度と材料道具について
<< 2月最初のワークショップと宿題... 2月のwsたくさんのお申込みあ... >>